私は子どもにかかわる仕事をしたくて、塾講師のアルバイトを始めました。

私の生徒は中学生と高校生の数名でしたが、どの生徒もかわいらしく、教えることも楽しく、仕事自体は楽しくすることができました。

しかし、私がそれでも辞めたいと思ったのは、他のアルバイト学生の態度でした。喫煙ルームがあり、喫煙ルームから教室へ入る時に、吸ったまま、ケアをせずに入ってくるのです。

つまり、とても臭いまま入ってくるのです。大人の私でも不快に感じますが、生徒は皆子どもです。中には小学生もいます。

そのような子どもとかかわるアルバイトなのですから、他の仕事以上に煙草のことは考えてほしいです。

また、休み時間だからといって、恋愛の話をどうどうと学生同士でしているのです。子どもに聞かせられないようなことまで大きな声で話しています。

私はこれらのアルバイト学生の態度に、本当に不快な気持ちにさせられました。そして辞めることを考えたのです。しかし、いざ辞めようと思うと、生徒の顔が浮かんできます。

生徒の中の一人が、受験生だったのです。その受験生である生徒のことを思うと、もう少し頑張ろう・・・という気持ちになることができました。

そして、その生徒と一緒に塾を卒業することを心に決め、実際に塾長にもそう伝えました。その生徒が合格できるようにすることだけを塾にいる間は考え続けました。

そうすると、休み時間で学生が話していても、仕事に集中して頭には入ってこなくてすんだのです。そして見事に志望校に合格することができ、一緒に卒業しました。

辞めたいと思ったその時に辞めていなくて本当に良かったです。生徒の合格した嬉しい姿をみることができてよかったです。

アルバイトをしていると、様々な理由で辞めたい瞬間がでてくると思います。しかし、そのアルバイトを好きな理由もあるはずです。

その好きなところを考えるようにして、アルバイトを続けてみてください。それでも耐えきれないと思えば、辞めてしまって構わないと思いますよ。

人生はアルバイトをするためにあるわけではありません。もしも学生であれば、他に本業もあるわけです。

また、収入面などの理由でアルバイトを続けなければならないのだとしても、世の中にはたくさんのアルバイトがありますよ。

今の仕事が好きなら、同じ職種のアルバイトへ変えれば良いのです。自分に合った仕事と出会えるまで、何度だって変えて良いと思いますよ。何はともあれ、自分が一番後悔しないと思う道を選ぶようにしてください。