私は求人広告会社での事務のアルバイトをしていました。学生の頃の週2、3日かのお小遣い稼ぎのアルバイトではなくて週5日で生活費を稼ぐためのアルバイトでした。

なので仕事内容も責任感の強い事柄を頼まれたり、正社員と同じように残業をして働いていました。

会社の奥の方までは携わることはなかったですが、私が関わっていた部署のミーティングに参加させてもらったりアルバイトだからと発言権がないということはなく、積極的に参加できる体勢を取ってくれていたのでとてもやりがいのある、充実したアルバイトでした。

バイトを辞めようと思った理由は他にやりたい仕事が見つかったからです。私はデザイナーになるために働きながらスクールに通っており、ゆくゆくは制作会社に転職をしてそこで正社員として働こうと思っておりました。

しかし数年間働いていたこともあってかバイトでも結構重要なポジションに役割を振られたり、下に後輩となるバイトや派遣さんが入ってきており、教える役にもなっていたので中々辞めたいことを上司に告げることができないでいました。

私はまずは身近な先輩に伝えるのがいいと思い、同じアルバイトで私より働く年月が長い先輩に帰り際相談をしました。

先輩は親身になって相談に載ってくれて、先輩と仲が良い正社員の方にそれとなく言ってくれることになりました。

後日、私の直属の上司に呼ばれました。内容は私が辞めるという内容でした。先輩から正社員へ、それから上司に話を持って行ってくれたようです。

これで私は上司に辞めたいということを告げるきっかけを作ることができました。私はデザインの学校に通うときから辞めて転職をするまでの計画をすでにたてていたので上司にいろいろな質問を受けてもすぐに対応できました。

あやふやに辞めたいということではないということをしっかりと示すことができました。私のまっすぐな想いが通じたのか上司も私の転職までのスケジュールに納得、協力をしてくれて私はバイトを辞めることができ、無事転職もできました。

現在バイトを辞めたいと思っている方はまず、辞めたいという漠然とした思いを上司などに告げるのではなくてしっかりと辞める目的、辞めてからのスケジュールなどを自分で考えてから上司に告げるべきです。

あやふやなまま辞めることを告げても流されたりしてしまう可能性も出てきます。あなたがバイトでも重要なポジションにいるときはなおさらです。しっかりと自分で気持ちを整えましょう。