私は20歳のころに初めてアルバイトを経験しました。私は自分の車が欲しくて、就職する前には車を購入しようと決めていました。なのでバイトをして、目標の金額に達するまでは辞めずに頑張ろうと思って始めました。

私はどんなバイトがいいか迷っていましたが、近所の飲食店のバイトにしようと思いました。ちょうど回転寿司のバイトが募集していたのでそこにしようと思いました。

私は大学にも通っていたので、週に4日くらいバイトをいれてみようとしました。実際にバイトが始まって、いろいろなことを教えてもらいました。働くこと自体初めてだったので、戸惑ったことはたくさんありました。

まずは挨拶をしっかりしなさいということで店長に怒られたことがあります。自分ではちゃんと挨拶もやっていると思ったのですが、挨拶の声が小さかったうようでした。

私はバイトをしてそんなに月日が経たないうちに怒られたことが気に入りませんでした。回転寿司のお店は昼食の時間帯と夕飯の時間帯はとても混雑しました。

私はまだバイトに慣れていなかったので何をしていいかもわからずに、あまり動けずにいました。バイトの先輩からもあまり丁寧に仕事を教えてもらえずに自分で周りを見ながら学んでいきました。

接客業はとても難しいなぁと思いました。挨拶もしっかりしないといけないですし、お金のことなので金額を間違えてもいけないですし、バイトといっても責任は重いんだなぁと思いました。

私はある日接客をしていて失敗してしまい、かなりショックを受けてしまいました。私はその時に本気でバイトを辞めようかなと思いました。

そんなときに私の母に相談をしました。母は簡単にバイトを辞めようとする私を叱ってくれました。

働いてお金をもらうことは、そんなに簡単なことじゃないんだと言われました。それに私は、車を買うという目標もあったので、簡単にはバイトは辞められないと思いました。

母が叱ってくれたことや、自分の目標としている金額があることで、私はバイトを辞めようという悩みが解決できました。

今簡単にバイトを辞めてしまったら、将来仕事に就いても挫折してしまったらすぐに辞めてしまうことになるのかなと一瞬思いました。

働いてお金をもらうのだから、辛いことも当然あるんだということを感じました。バイトをしていろいろなことを経験できましたし、良い社会勉強にもなったと感じています。