学生時代にブックオフでバイトをしていました。

大学の授業が忙しくなっていたのですが、なかなかシフトの自由がきかず体力的につらくなっていました。

長く続けていたためリーダーなどの責任のおもい仕事を任されるようになり精神的にもつらくなり辞めたいと感じるようになりました。

また、ベテランのバイトの方に苦手な方がいて、その人と同じシフトを組まされることが多くなり(みんなが嫌がるため)それも負担になっていました。

店長にシフトをすこし減らしたいと相談し、出勤日を減らしてもらいました。

ただ、ほかの人は相変わらず忙しくシフトに入っているため、すこし後ろめたい気持ちになっていました。

採取的には、仕事の内容(リーダーなど)は変化することもなく、苦手なベテランバイトの方との関係も特に改善することもなかったため、

もっと自由にシフトの組めるバイトが見つかったタイミングでやめました。

現在、ブックオフを辞めたいと悩んでいる方へのアドバイスとしては、店舗によりますが、深夜まで営業しているとよるも遅くなりがちですし、シフトもなかなか自由がききにくいと思います。

そんな際は、店長に直接相談するのが一番だと思います。最終的にシフトの調整をしているのは店長なので。

また、長く続けていると買い取りなどを行うことも増えていくと思います。この作業は、クレームなどが付きやすいので注意が必要です。

そんな時に頼れるのは経験豊富なベテランスタッフさんや店長です。なんだかこのお客様クレームになりそうと感じたときは、必ずそういったスタッフに声をかけておくと安心です。

私も実際に買い取りでクレームをつけられたことがあり、店長に対処していただいたことが何度かあります。

ほとんどのお客様にはご納得いただけますが、「おもったよりも安い」そういったクレームつける方が多いので、その時は自分ですべて対処するのではなく、早めに相談し、大事にならないようにリスクヘッジをしておくことで事態を大事にせずにすみます。

実際、先輩バイトの方でお客様との買い取りのやり取りでもめて殴り合い警察を呼ぶことになったケースを見たことがあるので・・・。

人間関係については、仕事だと割り切るしかないです。

私の場合は、上記のようなクレーム対応のためにもなるべく仲の良いベテランスタッフがいる日、もしくは店長がいる日に必ず出勤してました。

いやな人と一緒になったとしても、信頼できる人や店長がいれば大きなトラブルには発展しないかと思います。