私はツタヤでバイトをしたことがあります。元々音楽や映画が好きで私の知識を活かしてバイトができないかを考えてツタヤでバイトをすることに決めました。

しかし実際に働いてみるとレジ打ちがほとんどで、在庫確認に追われたり、返却されたCDやDVDをひたすら確認して棚に戻す作業の繰り返しでした。

また、私が当時働いてたツタヤは大きい方で客層もバラバラで、よくレンタルの方法をわかっていなかったりレジが混んでいたりすると文句を言ってくるクレーマーな客が多く、精神的にも肉体的にも疲れ果ててだんだん辞めたいと思うようになってきました。

先輩やバイトの子とは仲が良く人間関係も良かったのですが仕事の内容がきつかったです。

私はこの悩みを思い切って信頼できる先輩に相談をしました。

先輩は今辞めても次に他のバイトをしたときに同じ理由で辞めてしまうとアドバイスをくれてもっと視点を変えて接客などをしてみるのはどうかと言ってくれました。

私はそのアドバイスを元にバイトをするときに自分から工夫して何かできないかを考えるようになりました。

レンタル方法を上の年齢層にもしっかりと伝えられるようにマニュアルを作ったり、お客さんの質問にすぐに応えられるように今まであやふやだったCDやDVDの場所を覚えるようにしました。

またオススメのCDやDVDの棚をみんなで考えるときも積極的に参加をして自分の今までの知識からオススメのものを並べたりする作業もしました。

このように自分から主体的に動いていくことでどんどん仕事に対してやりがいが生まれて来ていつの間にか辞めたいと思うマイナスな気持ちも無くなっていきました。

今バイトがうまくいかなくて辞めたいと悩んでいることがありましたらまずは誰かに相談をしてみてください。

相談するだけでも自分の中のモヤっとした気持ちがなくなりますしアドバイスもくれるかもしれません。

今辞めてしまっても次にバイトをするときにまた同じように悩み辞めてしまうかもしれません。そうならないためにも何か改善できることをまずはやってみてそれでもダメだったらやめるのも手でしょう。

私のようにバイトに対して主体的な気持ちを持って挑むとバイトにもやりがいを持てるようになり、辞めたいと思う気持ちがなくなるかもしれません。

私はあのとき辞めなくて本当に良かったと思っています。ぜひ何か行動できることをやってみて改善できることを見つけてみてください。