私はguでバイトとして働いていた時期がありました。もともとファッションが好きでしたし、guもよく利用していたので働いてみたいという気持ちが強くなりバイトをすることにしました。

そんなguのバイトを辞めたいと思い始めた理由が客層があまりにもバラバラで接客するのが苦痛になってきたからです。

guは日本人のお客さんももちろんいますが、外国人の観光客もたくさんいます。

特に都内のguは平日や土日関わらずたくさんの外国人観光客が来るので大変です。もちろん英語や中国語を話せる店員もいますが人手が足りない時は話せない私達も誰でも接客をしなければなりません。

うまく接客ができずクレームになったり捌けなくなってしまい精神的にも苦痛で辞めたいと思ってしまいました。

私はこの悩みを辞めて解決しようと思ったのですがこの様子をみかねた海外からの店員が空いた時間を見つけてくれて少しの英会話が話せるように特訓をしてくれました。

私もここで辞めてしまったら勿体無いし、英語を少しでも話せたら将来にも役に立ちそうだったので英会話を勉強してみることにしました。

他にも外国人観光客だけではなく色々な客層にも気持ちいい接客ができるように話題作りを考えたり商品についてももっと勉強するようにしました。

逃げずに努力をすることで外国人観光客への接客もだんだんできるようになりましたし、色々な客層にも平等に接客ができるようになりました。

そのうちに辞めたいと思っていた心もなくなり、毎日バイトをすることが楽しくなっていくのがわかりました。

数年後にはバイトのリーダーにも任されて同じように悩んでいる後輩がいたら助けてあげたり接客の方法を伝授したりしてお店を支えていきました。

私のように特にファッション業界でバイトをしている人は接客は一番の悩みどころかもしれません。

最近では日本にもたくさんの観光客が押し寄せてきており、客層もバラバラなのできつくて辞めたいと思うこともあるかもしれません。

しかし私のように視点を変えて勉強をしたり工夫をするとあんなにきつかったバイトも少しは楽しく、充実したバイトができるようになるかもしれません。

逃げずにバイトを頑張ると、色々な社会人としてのルールやマナー、仕事をやる上での工夫も学ぶことができます。

どうしても辛かったりしたらやめるのも一つの手です。しかしどうせバイトをするのであれば今の場所で学べることは学んで自分の力にしてからやめてみるのもいいでしょう。