私はディズニーで小さな女の子達をディズニーの作品に出てくるヒロインの格好に変身させてあげる仕事をしていました。

ディズニーのバイトの中でも技術を必要とするバイトなので責任感もとてもありました。そして何よりも女の子達が変身した後の喜びようがとても嬉しくてやりがいのある仕事でした。

しかし実際に給料がとても低い割に親や予約の際のクレームがとても多く、精神的にも肉体的にも限界がきてしまいこのバイトを辞めたいと思うようになってしまいました。

またバイトや社員は女性ばかりで色々な人間関係が嫌になってしまいこのことも原因で辞めてしまいたいと思いました。

私は結局辞めてこの悩みを解決しました。しかし辞めるまでにはとても時間がかかり何度も上司に止められてしまい辞めるのはとても困難な時期もありました。

なぜ私がバイトを辞めることができたかというと次のバイト先を早めに決めたことと、次に何がしたいかをきちんと考えて上司に伝えることができたからです。

同じ悩みを持ち、でも結局辞めることができなかった人はまず次への行動がとても遅く、次に何がやりたいかをあまり考えておらず上司に辞める理由を詳しく伝えきれていませんでした。

そのため上司にうまく言いくるめされてしまいなかなかバイトを辞めることができずにいました。

私もこうなってしまってはずっと辞められないと思い、次に何がしたいのかをしっかりと考えて上司にしっかりと伝えられるようにしました。

また次のバイト先もすぐに決めて辞めなければならない状態を作ることでバイト先にも止められないようない状況を作りました。そうすることでバイトもやめることができました。

私のようにバイトを辞めたくても上司や先輩に止められてなかなか辞められないことはよくあることだと思います。

人手不足だったりあなた自身リーダーなどのバイト先の上の位置に立っていればなおさら辞めにくい状況ですよね。

しかし今回の私のように先の行動をとることでバイト先が首を縦に振らなければならない状態を作ることでバイトを簡単にやめる方法もあります。

ディズニーでのバイトは他にも人手不足で辞められないところもたくさんあるかと思います。

しかし私のように次への目標をきちんと伝えることができればすんなりと辞められる環境もできるはずです。

精神と肉体が壊れてしまう前に辞めたいと強く願うのであればまずは次のバイト先を見つけるなどの行動を取ってみましょう。