私は以前、イタリアンレストランのサイゼリヤでアルバイトをしていました。

アルバイトをしていたのは高校在学中です。私は卒業後にサービス業に就きたいと考えていたので、ホールでの接客業務を希望してホールスタッフとして働き始めました。

当時ホールに出る男性は私と店長だけでした。私と店長以外は全て女性スタッフでした。周りが女性スタッフばかりだったので、あまり馴染めずに最初は辞めたいと思っていました。

当時、高校生だった私ですが、一緒に働く女性スタッフはほとんどが大学生でした。そのため考え方や、価値観にも差があり辞めたいと思うきっかけにもなっていました。

辞めたいと思っていた私ですが、結果的には高校卒業までの約1年半アルバイトを続けました。

私を支えてくれたのは店長と調理場にいた男性アルバイトの方たちでした。

店長は当時20代後半の方でしたが、私の悩みを聞いてくれたり、ご飯に誘ってくれたりしました。

そこで言われた事は「自分の為に頑張れ」という事でした。年上の女性に囲まれながら仕事をするのは大変だろうけど、将来サービス業に就くためや、自分の部下を持った時に今の経験が必ず役に立つと言ってくれました。

そのおかげで自分も、将来のための勉強だと思って割り切ることが出来ていました。

調理場にいた男性の先輩アルバイトの人も遊びに誘ってくれたり、アルバイト中も面白い事をやって笑わせてくれたりして、かなり気を紛らわせることが出来ました。

最初は馴染めずにいた女性の方たちも長く働くにつれて少しづつ私の事を認めてくれて、いつの間にか仲良くなっていました。

この段階で私の辞めたいという悩みはなくなり、アルバイトが楽しくなっていました。店長や周りのスタッフの方のおかげで悩みを解決できました。

今現在、サイゼリヤでアルバイトをしていて辞めたいと思っている方も居ると思います。

確かに飲食店ですから、大型連休に休みを取れなかったりなど苦労する部分はたくさんあると思います。

休みが取れにくい、忙しいという事に関してはサービス業ですから仕方ないと思うしかないと思います。

対人関係で悩んでいる場合も、味方は必ず居るはずですから、店長や他のアルバイトスタッフに相談してみるべきだと思います。

ちなみに私個人の考えですが、結局のところはお金を稼ぐための方法の1つです。

友達を作りに行っている訳ではありませんから、時給分の働きをして給料を手にできればそれで充分と割り切ってみても良いと思います。

ただ、サービス業ですし様々な年齢層の方が訪れるお店です。最低限のマナーは忘れずに仕事をしたほうが自分の為にもなると思います。