私は社会人になり、副業として添削のアルバイトを始めました。自宅で空いている時間にできることに魅力を感じたためです。

しかし初めてすぐに辞めたいと思うようになりました。なぜなら、予想以上に答案用紙一枚にかかる時間が長かったため割に合わないと思ったからです。給料は、一枚単位で支払われます。

時給制なら良いのですが、一枚単位なので、仕上がらなければ給料はもらえないわけです。他にも辞めたいと思った理由の一つに、なかなか綺麗な字が書けないということがありました。

通信添削の先生の赤字のような字を書くことをもちろん求められます。はじめと比べたら確かに上手にはなってきたものの、毎回神経を使います。

ここまで精神的に苦痛を感じていても、収入はほとんどありません。慣れてくればどんどん進められて、きっと良い収入源になるのでしょう。

しかし私の場合は、慣れるまでに時間がかかりそうでしたし、今お金がほしかった私にとっては続けることは難しかったのです。

悩んだ結果、辞める道を選びました。はじめからダブルワークだと大変で辞める人も多いので、大変だったら言って下さい・・・と、社員の方から言われていました。

そのこともあって、辞めやすかったのはとても助かりました。その時に預かっていた答案用紙を仕上げたら退職させて頂くことになりました。

最後の答案用紙は今まで以上に時間をかけて丁寧に取り組ませて頂きました。そしてそれを提出してから辞めた結果、本当に気持ちが楽になりました。

それでも、低収入だったとしても、収入が減ったことには変わりがないので、しばらくは節約生活をしていました。節約生活をしながら新たなバイトを探していました。

お金も大切ですが、自分に合った仕事をすることの大切さを知ることのできたできごとでした。

アルバイトは、人生の全てではありません。自分の生活スタイルや、自分の性格に合ったアルバイトをしましょう。そして、万が一合わなかったら、辞めてしまって構わないのです。

新たなアルバイトを探して、自分に合ったアルバイトを始めましょう。アルバイトと言えども責任はあるのだから、しっかり続けないと・・・と思う気持ちはわかります。

辞めたら逆に責任を放棄したようで心が痛んでしまうのであれば、続けていた方が良いとも思います。

その場合は、シフトを減らしてもらうなどの工夫をしましょう。せっかく行うアルバイトなのですから、自分にとって収入以外の面でマイナスになるようなことがないようにしましょうね。