私は以前、保育園でアルバイトをしていました。保育士の資格を持っているわけではないので、保育園で働くことは初めてでした。

子どもたちは、とてもかわくて元気いっぱいで、その元気に圧倒されることもありました。

保育園での仕事は、子どもたちが起きている間もそうですが、お昼寝をしている少しの間にもすることがたくさんありました。

なので、休む暇がなく働いていました。お昼休憩も貰えるのですが、たいして疲れが取れることもなく仕事に戻っていくような感じでした。

とにかく体力が必要な仕事だと感じました。最初は、体力が持たないので、家に帰った瞬間、ご飯を食べてお風呂に入って寝るという生活を送っていました。

それ以外のことができないくらい、疲れて家に帰っていました。仕事にやりがいを感じるところまで行くことができず、慣れない職場ということと体力的にもしんどくて辞めたいと思うようになりました。

そんな時、ふと子どもたちの笑顔を見た時に思いました。笑顔に癒されている自分がいました。「気張らずに力を抜けるところは抜いてやっていこう」と思ったのです。

そして、どうすればより良く働くことができるのか考えました。誰しも初めての職場ではしんどいこともあり、慣れてくればしんどさはましになると思いました。

そして、体力は仕事をしているうちについてくると思いました。楽しむところは子どもたちと一緒に楽しみ、俯瞰しているのではなく一緒に一日を過ごして行こうと思いました。

そうすることで、子どもたちからの反応も変わってきますし、楽しい雰囲気が自分にも流れてくるように思えました。

そう思い始めると、気持ちが楽になり、仕事に行くことが嫌ではなくなってきました。

今、保育園でアルバイトをされている方がいらっしゃったら、今一度考えてもらいたいと思います。

どんな仕事も慣れるまではしんどいこともあると思います。どんな仕事をしていても楽しいことばかりではありません。

今いる場所で、どうすればやりがいを見つけられるのか、より良く働くことができるのか考えてみてください。

何か解決策があるはずです。解決策を見つけたら実行してみてください。自分なりに考えて行動出来た時、自信にも繋がりますし、今後生きて行く上でもその経験が活かされる時があると思います。

すぐに辞めてしまうのではなく、どうすれば仕事を続けることができるのか一度考えてみてください。きっと道が開けてくると思います。