バイトからの開始でありましたが、ゆくゆくは正社員として働きたいという思いで勤務していました。正社員となれば、多少のお給金のアップは望めるのではないかという思いからです。

しかし、自身が働く雇用に正社員の雇用形態がない事を確認してから、長く続けることは出来ないと感じ始めたのがきっかけです。そう思いながらも仕事はしていました。

しかし、通常業務を進めていくうちに業務内容はそれに加え、運営を良くする為にはどのように改善したら良いのかという、正社員レベルの仕事まで任せられる様になっていきました(年齢からしたら自然な流れかとは思います)。

その業務を主にしていたため、自身が本来したかった仕事(通常業務)が全く出来なくなり、「自分は何の為にここで働いているのだろうか」という疑問にかられてしまいました。

やりがいや充足感がなくなってきているという実感もありました。お給金自体も比較的安かったということもあり、このバイトを辞めようという気持ちに拍車がかかってしまったのだと思います。

他のバイトと掛け持ちで働いていましたが、思った以上に稼ぐ事が出来なかったという所も理由のひとつです。正直な所、背に腹はかえられませんでした。

上司には自分が感じている思いをそのまま伝えました。しかし、雇い側としてはすぐに受諾ということはないと思っていましたので、閑散期のタイミングで辞めるというごく自然な理由を踏まえつつ、退職を進めていくようにしました。

閑散期は来園人数が減り、運営側も労働人数の削減を図る時期なので、揉めることなく話は進める事が出来ました。

しかし、雇い側からは月に1~2回でも働いてもらえないかという要望がありました。それに関しては職場環境はとても良かったので、受諾し、現在も月2回程度で働かせて頂いております。

自分の周りの方からも今働いている仕事を辞めたいという言葉をよく聞きます。「しんどい」「人間関係」「お給金」が多く理由として挙がっていますね。

しかし、この3拍子は退職理由としては一般的な理由でもあり、この理由だけでは職場の上司はなかなか受諾してくれません。

一旦は職場の上司も職場改善に努めてくれると思いますが、それも一時・・・、悲しきかな長続きしません。

もし、辞めたいという思いを誰かに吐き出す事で気持ちが楽になり、仕事を続けることが出来れば、それが良いかと思います。

しかし、それでも続けることが出来ない、出来れば辞める方向で穏便に話を進めていきたいと考えている方々にご提案・アドバイスの程を。

まず、新しいバイト先、職場に行っても、待遇こそ改善しても人間関係が良いとは限りませんよ。あと、今まで培ってきた経験もありますが、何より仕事を覚え直さないといけません。

人間関係の再構築も必要ですしね。その辺りをよくよくよく考えてから、どうしても続けることが難しければ、自分の気持ち(「しんどい」「人間関係」「お給金」がらみの事)を伝えるのではなく、「これがしたい」「あれにチャレンジしたい」という様な【スキルアップを、私目指してるんです】という事を伝える方が、雇い側もその背中を押してくださるはずです。

可能であれば、【将来の事を考えていて、それに関係しているこのバイトをしてみたいんです】的な内容が一番良いかと思います。

ますます、雇い側も背中を押しやすく、受諾しやすい退職理由となります。雇い側も「あ〜この子はこう考えているんだな」と前向きに考えてくれるはず。

加えて、新しいバイト先も目星をつけている、もしくは決めてあるという事も付け加えられたらなお良いです。退職理由はごく自然に、自分の気持ちはあまり理由に挙げないようするのがポイントですね。