人と直接接する接客やサービス業が苦手だったわたしは、平日でも都合が着きやすいコールセンターのバイトをしてみることにしました。

しかし、面と向かっていないからこそ電話口で対応しているとキツイ口調や横柄な言い方をしてくる方がいました。

そして何より、同じやり取りを繰り返しても、マニュアル以外の対応を求められた時にうまく対応ができないことが続いて、向いていないのか・・・と考えるようになり辞めたいと思うようになりました。

コールセンターの業務はマニュアルに沿って対応することが基本となっているため、同じことを繰り返し行うことが苦手な人や、研修はあったものの法律などの部分も多少は興味がないと上手い対応を取ることができないこともあり、覚えることが苦手な人は辞めていっていました。

何度もやれば慣れると先に入っていた先輩の方からは励ましてもらっていました。

そんな中で、人の出入りは激しい環境でしたが休憩時間などで長く続けている方と仲良くなったことで、対応に不安が残る言い方をしてしまったときや、自分の説明の仕方が良かったのか悪かったのか判断ができないときは相談に乗ってもらっていました。

そんな日々を繰り返していく中で、電話対応に対して嫌悪を抱かないようになり、自分で対応ができなくなったときは先輩もしくは上司の判断を遠慮せずに求めるようにしました。

たまたまわたしが勤めていたコールセンターは8時間の勤務すべてが電話だけではなく、パソコン入力業務もあったため、ずっと話しっぱなしではなかったのでそこまでストレスがたまらなかったのかもしれません。

他の企業はコールセンター業務でもノルマがあったりすると聞いたこともあったので、時給は高い方ではありませんでしたが、仕事に慣れて嫌にさえならなければ続けられる環境だったのではないかと思います。

最終的にはアルバイトとして入社していたため、正社員として勤務するための準備(資格取得等)ができたので退職をしました。

バイトを続けるかどうか悩んでいる人は、その辞めたい気持ちが”逃げ”であれば止めた方がいいと思います。もし、スキルアップや環境が変わっても挑戦ができると思うのであれば現在のバイトは辞めてもいいのではないでしょうか。

仕事はたくさんあります。環境も様々です。膨大な選択肢の中から自分で選ぶことができるのですから、自分にとってどの選択をすることが一番ベストなのか前向きに考えて判断をしてみてはどうでしょうか。