専門学校の授業でフラワーアレンジメントを学び興味をもって、花屋に就職したいと思い、面接を受けました。見事に受かりましたが、半年間はバイト扱いでした。

初めはすべてのことが新鮮で楽しくて仕方なかったのですが、だんだんと慣れていくうちに会社内の人間関係も分かり始めて、トップの人間がその下の人を、その人がまた下の立場の人を・・・と明らかにパワハラでした。

そしてストレスのたまった事務の人は、お店に立つ従業員に毎日のように当たり散らしていました。

その結果、若い人たちは次々にやめて行ってしまい、残された従業員たちは休みは少なく、長時間労働でとても大変でした。

半年が経ち、バイトのままでいるか、社員になるか決めるようにと求められたとき、私の中ではその二つではなく、辞めるという選択肢もあり、悩んでいました。

それでも沢山のことを学び、覚えて、自分の好きなことを仕事にしている毎日はそれなりに楽しく、頑張ってみようと社員になりました。その後も事務の人の従業員いびりは続きました。

でも店に出てしまえば、その人と会うこともなく、一日二回、事務処理をするときの連絡だけ我慢すればよいと耐えてきました。

しかし、二年が経ったとき、本店勤務になってしまい、毎日その人と顔を合わせることになってしまいました。その上、他の社員さんたちのゴタゴタまで毎日目にするようになってしまい、気が滅入っていました。

でも、毎日事務の人と一緒にいることで、その人の中間管理職という立場の大変さを理解するようになり、さらにはその人は、相談する相手もいなくて辛かったのだと気づきました。

それから事務の人と良く会話をするようになり、かなり歳は離れていますが、仲良くなりました。相変わらず、上層部は毎日揉めていますが、そんなストレスも理解してくれる人がいることで気にならなくなり、なによりも好きなことを仕事にしていることに幸せを感じています。

今、人間関係を理由にバイトをやめたいと思っている方、単純に人が嫌いでいびってくる人も沢山いますが、相手をよく見てあげることで理解できることもあるかもしれません。

もしもそのバイトが自分の好きな仕事だったり、やりがいのある仕事だったとしたならば、少し見方を変えて人間関係を修復する方法を探してみてはいかがでしょうか。

その結果、無理だと感じてからやめても遅くはないと思います。ただ、無理はしないように、人の心は傷つくと治るのにとても時間がかかってしますからね。