不動産屋でアルバイトを始めたきっかけは同じサークルに所属していた先輩の紹介でした。

当時私は四年生で就活も終わっており、後は授業で単位を取るのみだった私は社会人経験も出来そうなアルバイトを探していました。

不動産屋のバイトは電話応対や事務的な作業もできるので社会人になる前に勉強にもなるかなと思ってバイトを始めました。

バイトを辞めようと思ったのは営業で一人とても嫌な社員がいたのと、その社員のいじめが嫌で辞めようと決意しました。

その不動産屋は社員、アルバイト含めて6人ほどの会社でしたが人間関係はその人のせいで最悪でせっかく紹介してもらったのにバイトをし始めて1ヶ月で辞めたいと思い始めました。

結果として私は約3ヶ月間なんとか続けたのちにやめました。

本当は1ヶ月でもう辞めてしまいたいと思い、雇ってくれた当時の支店長に言ったのですが、その嫌な社員のせいでバイトの子がどんどん辞めていくのがかなり問題になっているらしく、今辞められたらやばいと引き止められてしまいました。

どうやらその支店長や他の社員もその嫌な社員に対してはかなり問題視しているらしく、解決したいけど実際に利益を上げているのもその社員なので非常に困っているということでした。

そのことを紹介してくれた先輩に話すと、先輩がなんとかすると言ってくれました。実際にその不動産屋の一人の社員と交友関係にあったという先輩は社員に頼んで、私が辞めることができる環境作りを整えてくれたのです。

その間、社員のいじめに耐えるのはとてもしんどかったのですが、私は約3ヶ月我慢してバイトを辞めることに成功しました。

この記事を読んでいる人の中には私のようにバイト先の人間関係で悩んでいる人がいるかと思います。しかしその時は一人で解決しようとせずに周囲の相談しやすい人に相談をしてみてください。

人間関係がうまくいっていないのならばきっと他にも同じような悩みを抱えている人がいるはずです。そしてどうしても耐えきれないなら辞めるのも一つの手です。

バイトは正社員と違ってやめやすいですし、職歴に傷がつくこともありません。

すぐ辞めるのもな、とか辞めたら迷惑かかるなとか他のことを考えているうちに辞めるタイミングも失ってしまいます。精神的にもよくないですし、過労で倒れてしまったらそれこそ大変です。

大事になる前に早めの対策や解決をしっかりとしましょう。そして自分に見合うバイトをしっかり探しましょう。