私は27歳で結婚し、以前の職場を寿退社した後にカフェでバイトを始めました。

前職ではアパレル販売員として6年間勤めていたので接客には少々自信があり、何よりカフェスタッフというオシャレなイメージのバイトがしたかったので採用された時は嬉しかったです。

しかし、バイトを開始して1か月程で弱音を吐いてしまうことになりました。仕事内容は殆どがフロアに立つことが多く、お客様にメニューを聞き、料理を出す作業が続きました。

入社して初日にメニュー表を渡され、暗記を命じられた時は正直やる気を失くしました。メニューは20個程あるので暗記など出来るわけがありません。中々、覚えれない私はオーダーを取る際に手間取ってしまい、お客様に迷惑をかけることもありました。

仕事内容を覚えることは過酷でしたが一か月程してフロア兼キッチンという役割になり、私に余裕がなくなっていきました。

フロアの仕事にやっと慣れてきた頃だったのにキッチン作業を新たに覚え、力仕事なども任されるようになり、カフェスタッフのイメージはどんどん崩れていきました。

また、お昼の時間帯希望で入ったにも関わらず、夜の時間帯の人数が足りない為、回されることも増えてきました。大きな会社ではなかったので決まり事がルーズでした。

面接の時に希望した内容と異なることが増えてきたので私の不満は募っていくばかりでこのままの状態が続くようならバイト先を変更しようと考えました。

私の場合、言いたいことはハッキリと相手に伝える性分なのでオーナーに自分の気持ちをストレートに伝えました。もし、それがきっかけでクビになったとしても気持ち良く新しい場所に迎えるので怖くはありません。

オーナーに希望した仕事内容、時間帯が違うことに対し、納得出来ないので状況が変わらないのであれば辞めさせて下さいとお願いした所、複雑そうな表情を浮かべていました。

「他のスタッフも同じように仕事をしているから君だけ変えることは難しい」と言われたので、結果的に辞める決意がつきそうでした。

しかし、人数ギリギリで回している職場だったのでオーナーは渋々、私の意見を受け入れてくれたのです。本心は不愉快な思いを抱いていたと思います。

オーナーには嫌われてしまったかもしれませんが私の条件を受け入れてくれたので働きやすくなりました。仕事中はスタッフ同士で会話することなど全くないので人間関係が良好かどうかなどは確かめる暇もありません。

きっと私だけ特別扱いされているので周囲は良い様には感じていなかったと思いますが図太く仕事に専念しました。

バイトするにあたって希望した内容と違う対応をされてしまうことがありますよね。そういう場合、不満が募り、辞めたいという感情に流されてしまいます。

そこで何も行動せず辞めてしまうことは勿体ないです。自分の感情をストレートに伝えた後、辞めることを決定しても遅くないと思います。もしかしたら、自分の意見を受け入れてくれるかもしれません。

それがきっかけで人間関係に悩むようだったら、そこでまた選択すれば良いと思います。

いくらバイトでも仕事のルールとして契約を反することがあれば正しいことを発言することは間違っていません。そのまま我慢してストレスを溜めるより、ずっと楽になるはずです。

バイトも心地よく、楽しく勤めていきたいものです。