私はほっかほっか亭でアルバイトをしたことがあります。しかしそんなに長続きはせず半年も経たないうちに辞めてしまいました。

辞めようと思った理由は仕事量が多く、覚えることが多すぎたからと私が勤めていた店舗の店長がセクハラじみた行動や言動をよくしていたので辞めることにしました。

仕事内容としては主に接客やお弁当の調理なのですが接客はお弁当を間違えて他のお客さんのところに入れてしまったり、お弁当を間違えてしまったりミスが絶えず、また時間通りにお弁当ができあがらずに待たせてしまってそれがクレームにつながったりと毎回バイトに入る時は必ず怒られたりしていました。

また調理もアルバイトがしなければならないのですが、覚えることもたくさんあってとても大変でした。私は料理がそんなに得意な方ではなくて、キャベツの千切りだけでもとても時間がかかってしまいました。

そしてそんな店長にいつも嫌味を言われ、バイト後にはセクハラめいた言動をしたりやたら体を触ってきてもう絶えがたく辞めることにしました。

辞める際は店長に言わずにまずはなんでも話せる先輩に言いました。辞めると言っても店長は承諾をしてくれなさそうだったからです。

すると先輩も辞めたいと思っていたらしく、二人で言ったら店長も困らせることができるし、辞められるのではないかと二人で考案して、次の日一緒に辞めることを告げに行きました。

店長は少しあせりながらも辞めるなんてできないと言い出しましたが、辞めさせないというならば友人の弁護士に相談すると先輩が強気に言ってくれて晴れて私たちは二人とも辞めることができました。

それから数ヶ月後、その店舗の店長の噂は本社にも報告があったらしく、店長が変わっていたのです。そのおかげかそこのほっかほっか亭は売り上げもあがり、評判も良くなりました。

ほっかほっか亭のアルバイトは接客だけではなく、お弁当の調理もしなければならず、時間も限られていますのでスピードも勝負になってきます。

なのでそれが負担になり辞めたいと思っている人もいると思います。そんな時はまず他の先輩や同期に話すことです。

もしかしたら同じ悩みを抱えているかもしれませんし、力になってくれる人もいるかと思います。店長に言いやすい環境であれば理由をしっかりと考えてしっかりと告げましょう。

離職率の多い業界ですが、辞めたいなと思うのであれば無理をせずに辞めることです。そして今回の教訓を胸に新たな仕事を探しましょう。