私もびっくりドンキーのバイトをしていました。大学生の時に家の近くに会って通いやすかったので、びっくりドンキーのバイトをしてみることにしました。

びっくりドンキーのバイトをするにあたってテスト期間になったら、シフトを減らしてもらうように面接のときに伝えていました。

しかし、それは考慮されずに、テスト期間にもかかわらず、たくさんのシフトが入っていました。私はテストの勉強に集中したかったので、シフトを減らしてくださいと店長に伝えたのですが、店長は減らしてくれませんでした。

それが理由で、私はびっくりドンキーのバイトを辞めようと思いました。私は店長に対してテスト週間なのに、シフトを減らしてくれなかったので、辞めるということを伝えてみました。

しかし店長に伝えても私のことを無視してから辞めさせてもらえませんでした。そこで、私は、マネージャーに対して今すぐに辞めさせてほしいと言いました。

しかしそのマネージャーももう少し続けてもらわないと困ると言ってから、私を辞めさせてくれませんでした。私は、そこで辞めるためにはどうすればいいのか考えてみました。しかし自分ではどうすればいいのか分かりませんした。

そこで、私は家の近くにあった社会保険労務士事務所に行ってみました。

その社会保険労務士事務所では、お店の前に労働の紛争を解決しますと書いてあったので、私はその社会保険労務士事務所に入ってみました。

その社会保険労務士事務所に入ってみると、社会保険労務士の人がいたので、その人にテストの時にシフトを減らしてくれないから今すぐにびっくりドンキーのバイトを辞めたいと言ってみました。

そうするとその社会保険労務士の人が私のびっくりドンキーについてきてくれて、必要な書類を店長や私に書かせて辞めさせてくれました。

結果、私はびっくりドンキーのバイトを何事もなく辞めることができました。現在、びっくりドンキーのバイトを辞めたいと思っている人は多くいると思います。

びっくりドンキーのバイトは飲食業でもなかなか大変な部類に入ります。確かにびっくりドンキーのバイトをすることで得るここと多いですが、どうしてもやめたいという場合には辞めたほうがいいでしょう。

辞め方がわからないという人は、私のように社会保険労務士の人に相談してみればいいでしょう。社会保険労務士は国家資格であり、労働問題に関するエキスパートなので、安心してから任せることができます。