以前ファミリーマートのバイトをしていた時、仕事のわかりにくさから辞めたいと思ったことがありました。わかりにくいと思った仕事は品出しです。

勤務していた店舗はあまり混雑せず忙しい店ではありませんでした。時間帯こそ夕方勤務だったものの駅前のような客足もなく品だしをする時間は十分ありました。

またコンビニは多数勤務していたので基本的な仕事は習熟していました。にもかかわらずファミリーマートの品出しにつまずき出勤するのが嫌になってしまいました。

その店舗では独自のルールがあり陳列棚の商品の向きや数量など細かな注意点があり毎日オーナーさんに注意される日々でした。

加えてレジを見ながらの作業だったので、フライヤーに力を入れていたファミリーマートということもあって品出しは過酷に感じ辞めたいと思うようになりました。

今振り返ると私が品出しでつまずいたのは店舗のルールにあわせていこうという姿勢がなかったからだと考えています。

知らず知らずに自分のやり方をしてしまい他の人とフットワークよく仕事ができておらず、そのために店全部が嫌になっていたのでした。

退職しようと思った私ですが、オーナーさんからの注意を聴きそれに従うように努めたことで次第に作業が苦にならなくなりました。そうなると次第に何かにつけ指摘されることも少なくなり働きやすくなっていきました。

これが好循環になっていき自信を持って仕事を進めることができたように思います。

それまでの経験から受け入れがたいと思った考え方や作業方法もいくつかありましたが、慣れてみるとその長所を感じることができ仕事によい影響を与え他と思っています。

作業を覚えるということは最優先事項ですが、その店のやり方や雰囲気に慣れるということも併せて必要だと思います。

もしファミリーマートで働いていて辞めたいと思った時は自分が店舗のあっていないということを考えてみるのもいいかもしれません。

特に私のように注意される機会が多いと感じたら他人と自分の働き方を比較してみることが続けるための解決策になる可能性があります。ファミリーマートだけでも店舗によってオーナーさんが異なりそれぞれのやり方があると思います。

マニュアル通りにやれば問題ないことは確かですが、他の人と違うやり方をするとどうしても浮いた存在になってしまい店で働きづらくなってしまいます。

ファミリーマートのバイトはほとんど複数名で仕事をすることを考えれば店全体の調和は必要不可欠です。