8b55467dd97591f68da90b80f1997f44_s

バイトを辞めたいけど辞められない。こんな悩みを抱えている人多いですよね。

バイト先の人に引き止められてやめられない人や、責任感のある人はシフトの人数が足りないからといった理由が多いと思います。

ただ最近は「ブラックバイト」という言葉もある通り、バイトの酷使が問題となっています。

バイトをしている人は学生さんやほかに本業がある人も多いでしょうから、そちらが疎かになっては本末転倒です。

どのようにしたらすぐにバイトを辞めることができるのでしょうか。

バイトの辞め方

通常、バイトをやめるときにはバイト先の直属の上司(一般的な飲食店では店長)に伝えます。

メールや電話ではなく直接会って意思を伝えるのが無難です。

正社員の場合は退職届を提出しますが、バイトの場合は出さないことも多いようです。

退職の際の書類については会社によって違いますので、確認してみましょう。

退職の意思を伝える時期については、民法上は2週間前とされています。

ただ、シフトのことや引き継ぎのことを考えるともう少し余裕を持ったほうが望ましく、1,2ヶ月前としている会社も多いです。

これも会社によって違うので、慣例に従ったほうが無難です。やめるときに変な波風を立てたくはありませんからね。

いきなり「今日いっぱいで辞めます」というのは会社が許可すれば特に問題ありませんが、あまりおすすめはできません。

また、無断欠勤は迷惑がかかるのでやめましょう。

どうしても辞められない!

先ほどの手続き方法ですんなりと辞めることができればいいのですが、無理に引き止められたり、辞めるなと脅されたりした場合はどうすれば良いのでしょう。

そもそも、アルバイトは労働契約や雇用契約と呼ばれる契約の一種です。

契約は2人以上の人の意思によって結ばれるものですので、一方の意志がなくなれば契約を打ち切るのは自由です。

つまり、バイトを辞める自由があるということです。もちろん会社がクビにする自由もありますが、なかなかこれができないのは労働基準法などの法令によって労働者が守られているからです。

こういうわけなので、辞めたいという人を脅して辞めさせないようにするのはNGですのでこういうバイト先には堂々と立ち向かいましょう。

既に書きましたが、民法によって最短で2週間で辞められることになっています。

どうしても辞められない場合は労働相談を受け付けているNPOや労働組合があります。一人で悩まず、然るべきところに相談をすることが肝心です。

最後に

バイトを辞めるとき、その後の不安は付き物です。

自分が辞めたあとバイト先は大丈夫か、自分はその後の就職はできるのかなど、それは人によって様々だと思います。

しかし、新たな一歩を踏み出すため、辞めるときはきっぱりと決断をすることが必要です。

ズルズルと続けて時が立ってしまう前に、バイトをきれいに辞めて新たなステージに進みましょう。