6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_s

「バイトを 辞める際は、一ヶ月前に伝えればいいのかな?」と迷っているあなた、私も前に勤めていたバイトを辞めたいと思った時に、同じことで迷った経験があるんですよ。

その時、自分なりにいろいろ調べたり、先輩に聞いたりしました。その時の知識から、あなたへ少しだけアドバイスさせていたできますね。

まず、法律はどうなっているのか、かんたんに説明しておきましょう。民法の第627条には、あなたとバイト先の雇用サイドとの雇用契約の解約について、こう書かれています。

「当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する」(当事者というのは、あなたとバイト先の雇用主のことです)

あなたがバイト先に「辞めます」という意志をはっきり伝えれば、二週間後にはあなたと雇用サイドの雇用契約は終わる、つまり、その時点でバイトを辞めることが可能だ、というのが、法律の規定なんですよ。

ただ、あなたが辞めれば、バイト先は代わりの人を探さなければなりませんよね。そのためには、一定の時間がどうしても必要でしょう。

また、バイトは、シフト制になっていて、月単位でシフトを組むケースが多いですよね。その場合、「解約の申入れから二週間」というタイミングでいなくなられると、バイト先は困ってしまいます。

ですから、あなたが考えている「一ヶ月前に伝える」というタイミングは、そうしたバイト先の事情を考えて、悪くない判断だと思いますよ。

シフト制なら、翌月のシフトが組まれる前までに伝えるのが、より良心的なやり方でしょう。

もちろん、できるだけ早く伝えたほうがいいのは言うまでもありませんが、一ヶ月前なら、それほど非常識ということもなく、現実にバイト先に大きな迷惑をかけることにはならないと思います。

ところで、先ほど紹介した法律の冒頭に、「当事者が雇用の期間を定めなかったときは」と書かれていましたよね。その部分について説明しておきます。

バイト先との契約によっては、たとえば「最低一年勤務」というように「雇用の期間」が定められている場合もあるんですよ。

その場合は、その契約の規定に従うことになります。

ただし、民法第628条には、「やむを得ない事情」があれば、その期間より短い段階で辞めることができるとされています。

病気やけがになって働けないとか、家庭の事情で辞めざるを得ないというケースですね。

ですから、バイト先との契約がどうなっているのか、チェックしておいた方がいいでしょう。

それ以外のケースであれば、あなたの考える「一ヶ月前に伝える」というのは、常識的な判断だと思いますよ。

シフト制なら、シフトが決まる前に申入れすれば、迷惑がかかりにくいわけですね。

それも含めて、「できるだけ早く伝えるのがベスト」と考えてください。