4c524471b24117357cef8a0cbd162478_s

アルバイトを辞める時、そのことを話す時期はいつが良いのか、悩んでしまいますよね。

しかし、その時期に関してはっきりとした決まりはありません。

会社によっては入社の際に、「○ヶ月前までに言ってください。」と言われていることもあります。

ですがそれは形上のことであり、実際はそんなにうまくはいかず、急に決まることも多いでしょう。

ですから、あなたの質問に答えるのであれば、「できるだけ早く。」と答えるほかありません。

特にアルバイトの場合は、当日に「今日で辞めます。」と言ってしまったり、電話やメールで「もう辞めます。」と言ってしまったりしても、許されてしまうようなこともあるのです。

ですが人として、相手の気持ちを考える必要があります。

なので、理想は最低でも1ヶ月前には伝えるべきです。

早めに伝えておくべき理由としては、あなたが抜けた後の穴を埋める対策をとることができるためです。

早めに伝えれば、新しいアルバイトを雇うことができたり、あなたの知識を他のアルバイトに伝えておいたりできるわけです。

急に当日に言われた場合、それが全くできずに、いきなり穴ができてしまいますよね。

職場の人たちの気持ちを考える余裕があるのであれば、是非、1ヶ月前には伝えましょう。

ですが余裕がない場合であれば、当日でもなんでも、自分の気持ちを一番に優先して辞めてしまいましょうね。

実は、早く伝えることにはメリットばかりです。

例えば、辞めることを伝えることは緊張しますよね。

その緊張を少しでも和らげるためには、少しでも早い時期に伝えることです。

辞めてしまって迷惑をかけると考えるから緊張するわけですから、できる限り迷惑をかけないようにするために早い時期に伝える必要があるのです。

また、早く伝えておけば穴を埋めるための対策を会社側が取れることはもちろんですが、あなた自身も、辞めるための準備ができます。

例えば、少しずつ荷物を持って帰ることができたり、お世話になった人へ挨拶をする時間ができたり、大変な仕事を任されることがなくなったり…といったことがあげられるでしょう。

実際に私も早めに2ヶ月前くらいに伝えて辞めたため、お世話になった人に一人ひとりゆっくり時間をかけて挨拶ができましたよ。

まずはあなた自身にとって一番気持ちが楽だと思う時期を考えましょう。

次に職場の人々のことを考えましょう。

それから冷静に、伝えるべき時期を判断しましょう。

できる限り多くの人が笑顔になることができる時期を考えられると良いですね。