08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

アルバイトを始めたものの、いつかは様々な理由で辞める時がきますよね。

その時に、話しやすい理由なら良いですが、そうでなければ、どういった理由や言い訳をしたら良いのか悩んでしまうものです。

実際に私も理由に悩んだことがあるので、あなたの気持ちがよくわかります。

そこで、おすすめの言い訳をご紹介します。

基本的にアルバイトをしている場合、メインで他のことをしているはずです。

学生ならメインは学業ですし、フリーターで夢があるならメインは夢ですよね。

そのメインのことを言い訳にすれば、スムーズに辞められるはずです。

「授業が忙しくなってきたので…。」「そろそろ受験勉強をしなければならないので…。」「夢に一歩近付けそうなので…。」など、言い訳方法はいくつでもありますよ。

また、アルバイトの仕事のキリの良さをタイミングにすれば、言い訳がちょっとしたものでも辞めやすいですよ。

私の場合も、本当は職場の人間関係で悩んでいたのですが、丁度大きな仕事のキリがつきそうだったので、「大学も忙しくなってきたので、この仕事が終わったら辞めようと思います。」というような言い方をしました。

そうしたところ、特に深く突っ込まれることもなく、スムーズに辞めることができましたよ。

また、もっと単純に、労働条件を理由にしてしまっても良いでしょう。

「もっと自宅に近いところで仕事を見つけたので。」「もっと時給の良いところを見つけたので。」といったようなことになるでしょう。

こういった言い訳はなかなか言いづらいですが、その職場での人間関係によっては、こういった言い訳の方がスムーズに通る場合もあるでしょう。

今、様々な言い訳をご紹介しましたが、そもそも、言い訳はしなくても良いのだということを忘れないようにしましょう。

辞めることを伝える時期が早ければ問題はないわけです。

急に辞められると困るため、「なんで辞めるの?」と聞きたくなってしまうものなのです。

そうでなければ、理由を聞かれなくて済むこともありますし、聞かれたとしても、「ちょっと色々ありまして…。」と濁した答え方でも全く問題はありませんよ。

ですから、理由や言い訳を言ったり考えたりするのが面倒であれば、できる限り早めに辞めることを伝えるようにしましょう。

それでも急に辞めたくなってしまう気持ちもわかります。

そういった場合には、今ご紹介した言い訳の中で自分に合ったものを選んで使ってみてください。