3f2cc1c3bd1ccbf0a6e10a512afe6905_s

バイトを辞めたいけど、どうにも人手不足で、「辞めたい」の一言を言い出しづらい・・・。その気持ち、とてもよくわかります。

アルバイトに限らず、パートや正社員など、企業に勤めている人は、誰でも「やめる」権利を持っています。それを企業側は取り消すことは出来ません。

あなたが、そのバイトが本当に嫌で、その思いが絶対に変わらないのなら。すぐに店長などお店の一番偉い人に、そのことを伝えましょう。

「逃げ」ではありません。「辞める」という権利を用いているだけです。自己嫌悪に陥る必要なんてないんですよ。

ただ、会社側も忙しい時期に辞められて困る、ということはあなたにもわかりますよね。ですから、マナーを守って、「辞める」権利を用いましょう。

辞める時のマナーは、「1か月前に」、「一番偉い人に」、「直接」伝えることです。これを守らないと、話がこじれることがままあります。

世間的には、2週間くらい前から辞めたい意志を伝えようと言われています。ですが、あなたのバイト先はとても忙しいのですよね。

あなたが辞めた後、その会社は手続きや新人の勧誘など、様々なことをしなければなりません。ただでさえ忙しいのに、これ以上仕事が増えると手に負えない、ということも十分にあり得ます。

ですから、一般論より余裕をもって伝えましょう。こうすることで、向こう側も心の準備が多少なりとも整います。

また、辞めたいという意思は必ず最初に、一番偉い人に伝えましょう。不満や相談事も、一番偉い人です。

同僚に相談して、何らかの形で間接的に上司に伝わるのはマナー違反です。絶対にやめましょう。

逆の立場になってみると、どれだけ気分を害するか、よくわかると思います。

そして伝える手段ですが、必ず直接会ってください。忙しくても、一番偉い人と二人っきりで話せる環境を作ってください。

「大事なお話があります」などと伝えれば、向こうも必ず都合をつけてくれるはずです。

気まずいですし、逃げたくなる気持ちも分かります。ですが、仕事というのは、後処理も含めて仕事です。最後まで礼儀を正しましょう。

あなたがどうしても辞めたい場合、これを実行してください。

ですが、まだ辞めるかどうか迷っている場合。上にも書きましたが、必ず一番偉い人に相談しましょう。

同僚との対人関係などで悩んでいる場合、直接同僚と話すより、一番偉い人を挟むことで、不満や問題を解消できる場合があります。

基本的なアドバイスは以上です。

そして、もし一番偉い人が「やめる」権利を使わせてもらえない場合。労働組合や、近くのブラック企業被害対策弁護団などに相談してください。

一人では泣き寝入りするようなことでも、集団で立ち向かえば何らかの解決策が見い出せるはずです。

いつかはバイトを辞める日が来ます。その時、笑顔で「辞める」ことができることを、私は願っております。