バイトを始めたいけど、自分に何が出来るのかが分からず、何となく始めたバイト。それは、通勤に便利だったり時給がよかったりが決め手だったりしますよね。

もちろん、勉強や家事との両立もあって、勤務時間で決めるケースもあると思います。

でも、どんな状況でも最終的には、向き合っている物が自分に興味の無い商品だったり、作業だったりすると、そのお仕事に対して楽しさを感じられなくなり、
つまらないなー。。。と思ってしまいますよね。

そうなるとだんだんバイトに行くのも苦痛になってしまい、辞めてしまうなんてことも。いくらお仕事でも、バイトが楽しくないのでは、行くのが嫌になってしまうのは、とてもよく分かります。

そこで、そんなあなたに私の経験からアドバイスを3つお伝えしたいと思います。

①自己分析をする

就職活動をする時によく言われるのが自己分析。きちんとしたもので無くてもいいと思います。紙に箇条書きにしてみたらどうでしょうか。

自分は、何が好きで何に興味を持っているのか。毎日の中で何に一番重視して時間を取っている事が多いか。

台所に立っていることが多く料理が好き。雑誌やモデルさんのブログを読むことが好きでファッションに興味がある。子供やお年寄りと話すことが多く人と話すのが好き。細かい作業をするのが得意で物を作るのが好き。

人には、「あなたはこういう所が良いね。」「こういう所を辞めたほうがいいよ。」とよく言われる。など、様々な方向から考えてみてください。

家族や親しい友達に聞いてみるのもいいと思いますよ。まずは、自分のことを知ることが人生を楽しめるポイントです。

②仕事の作業の中にやりがいを見つける

どんな好きな事や物に向き合ったお仕事でも、事務作業や雑用は付き物です。

人に「ありがとう」など感謝されることが喜びである事であったり、一つの作業がスムーズにできた事にやりがいを感じれる事であったり、些細なことでいいと思います。

つまらないなー。と思うことも、やりがいがあることで、どんな作業も自分の好きな物や事に繋がっていると考える事ができ、続けて行くことができると思いますよ。

③職場の人とのコミュニケーションを取る

人とのコミュニケーションは、苦手に思う人も多いと思います。

相手が自分に対してどう思うか、嫌がられるのではないか。など色々思って躊躇してしまいますよね。でも、初めの一歩が大切。下手でも良く見せようともしなくてもいいと思います。

今の自分のまま、職場の人との会話をしてみましょう。「お疲れさまです」という言葉から、バイトの同僚・上司など様々な立場の人と会話をすることで、人との繋がりを感じる事ができます。

人との繋がりを感じれるだけで、「一緒に頑張りたい。」「○○さんの為にやってみたい。」などひとつのやりがいに変わってきます。

人は、人に頼られたり頼ったりすることで、面倒と思うことも、人生の生きがいになっていくのです。それが一つのお仕事に一緒に向き合っていることで、仲間という意識が生まれてきて、頑張っていける糧になりますよ。

まとめ

いかがでしたか?私は、バイトや正社員合わせて色々な仕事をしてきて、新人から管理の立場で仕事をやっていたこともあります。

自分がアルバイトしていた時の気持ちや、アルバイトさんがこうだったらいいな。とかアルバイトさんとこういう関係でいたいな。と思ったことも含めて、お伝えさせて頂きました。

ぜひぜひ、せっかくひとつの時間をお金をもらってお仕事しているので、やりがいのあるものにしてもらえたらいいな。と思います。