67c7774099088531a074c527091fd764_s

バイトを始めたものの、様々な理由で辞めたいと思うものです。あなたはどのような理由で辞めたいと悩んでいるのでしょうか?

しかし実際に辞めたいと思った時には、どうしたら良いのかと悩んでしまうものですよね。このように、辞めたくて悩んでしまった時のアドバイスをいくつかさせていただきます。

①話しやすい人に相談する

まずは誰かに話してみることが大切です。「辞めたいな。」と思っていても、具体的な理由は自分でもなかなかわからないものです。

しかし、誰かに話すことによって、自分の中で気持ちの整理ができ、理由がはっきりするものなのです。また、一人で抱えていると、どんどん悪い方悪い方へ考えてしまいがちです。

アルバイトとはいえ、本当に悩みに悩んでしまったら、病気にもなりかねないのです。そうなる前に、まずは深く考える前に、とにかく誰かしらに話してみましょう。

家族でも友人でも恋人でもアルバイト先の人でも誰でも構いません。悩みの解決ではなく、気持ちをすっきりさせるということを目的に、誰かに話してみましょう。

悩みの解決は後からゆっくり考えれば良いのです。

また、なかなか誰かに話しづらいような内容だったり、人に悩みを打ち明けることが苦手な場合もあるでしょう。もしもあなたにそういった気持ちがあるのであれば、今の世の中、インターネットというものがあります。

インターネット上であれば、悩み相談もしやすいのではないでしょうか?とにかくまずは誰かに話してみてくださいね。

私の場合は家族に話すことが一番スムーズでした。毎回のアルバイトの後、家に帰ってすぐに家族に愚痴を言っていました。初めは愚痴だけ話していても、話しているうちに、自分の悪かったところも見えてきたものです。

また、家族は冷静に話を聴いてくれるため、私を慰める部分は慰めてくれ、私を叱る部分は私を叱ってくれました。そして、私のイライラや悩みを解決するためのアドバイスをくれることもありました。

誰かに話す、誰かに気持ちを伝えるということは、それだけでとても気持ちがすっきりするものです。それだけではなく、物事を整理できたり、アドバイスをもらえたりすると、もっとすっきりしますし、前向きになれるものです。

しかし一番は、自分は一人ではなく、味方がいるのだと思うことができるところが、人に話してみることの一番の魅力でしょう。

ですから、まずは誰かに話してみて、すっきりしてみてくださいね。

②楽しいことに目を向けてみる

今は辞めたいと思ってしまっているアルバイトですが、始めた頃はそのアルバイトを選んだ理由があったことでしょう。

例えば、給料が良いからだとか、時間的に都合が良いからといった理由ももちろんあるでしょうが、それだけでは決め手にはなりません。必ず、何かしらあなたにとって興味のあることだったり、楽しそうだと感じた部分があったはずです。

辞めたいと悩んだ今、もう一度そのことに目を向けてみてください。

辞めたいと思ってばかりいると、そのことばかりに頭がいってしまいがちで、どうしても楽しい気持ちを思い出すことは難しいです。自ら思い出そうと努力しなければ思い出せないのです。

そして、楽しい気持ちを思い出すことができたら、そのことだけに集中して仕事に取り組んでみましょう。少しは気持ちが楽になることだと思いますよ。

また、アルバイト以外のプライベートの楽しいことに目を向けてみるということも大切です。プライベートでもバイトの悩みで頭がいっぱいだと勿体ないですよね。

人生はアルバイトをするためにあるわけではありません。寧ろ、プライベートを充実させるために、アルバイトをしているという人の方が多いでしょう。

つまり、プライベートの時間に、「この時間の為に私はアルバイトをしているんだな。」「この時間の為に私は生きているんだな。」と思うことが大切です。

悩んでばかりいてもなんの解決にもなりません。悩んでいる内容によっては、気持ちがポジティブになることで解決できることもありますよ。

私もあるアルバイトを辞めたいと思った時に、収入面に最初は目を向けるようにしました。給料の良いアルバイトだったため、「今この時間を頑張れば、○○を買えるんだ!」などと、アルバイト中には思うようにしていました。

楽しいことを考えていると自然と笑顔になり、アルバイトの時間も辛い気持ちを抑えて取り組むことができましたよ。

やはり楽しいことを考えていれば、悩みも少しは吹っ飛ぶものなのです。悩みそのものの解決にはならなくても、気持ちがすっきりするだけでアルバイトに対する取り組み方も変わってきますよ。

③シフトを減らしてもらう

アルバイトという立場で働いているということは、おそらく、他にメインで行っていることがあるでしょう。あなたのメインはなんでしょうか?

学生さんであれば、勉学がメインのはずです。社会人であれば、何か夢を追いかけているのかもしれませんし、もっと大事な仕事があるのかもしれません。

アルバイトは言ってみればおまけで行っているようなものですから、アルバイトのことで悩む時間は勿体ないとは思いませんでしょうか。本業のことで悩んだり、時間を費やすことは当然です。

しかし、アルバイト以外の時間にアルバイトのことで悩んでしまうと、本業に支障をきたしますよね。本業に支障をきたしてしまうようなアルバイト、つまり、そこまで悩んでしまうようなアルバイトであれば、辞めてしまって私は構わないと思います。

ですが、そうは言っても、時間が解決してくれることもあるでしょうし、実際、一度も悩まずにすむアルバイトもないでしょう。

そこでまずは、辞めてしまう前に、シフトを減らしてもらってみましょう。減らしてもらう時に理由を聞かれれば、本業のことを理由にすれば良いのです。

あなたが学生さんなのであれば、勉強の忙しさや就活の忙しさなど、簡単に理由は作れるでしょう。社会人であっても同じことです。

本業の方が忙しくなったのだということを理由にすれば、減らしてもらえますよ。

シフトを減らすということは、つまりは、「辞めたい。」と感じる時間を減らすということです。そうするとプライベートの楽しい部分に目を向けることができやすくなりますし、気持ちが楽になります。

繰り返しになりますが、気持ちが楽になるとポジティブな考え方ができるようになり、そうすると悩みもちっぽけに感じられてくるものです。

ネガティブな気持ちだと、どんどん辞めたい気持ちが大きくなってしまうだけなのです。今は気持ちを明るくすることだけを考えて行動してみましょう。

④他のアルバイトを始めてみる

気分転換の為にも、他のアルバイトを始めてみましょう。週に一度でも構いません。新しいことに挑戦してみると、新しいことを覚えることに頭がいっぱいになり、今の悩みを考える時間を減らすことができます。

悩む時間が減れば、だんだん悩みがどうでもよくなっていくものです。

また、他のアルバイトを始めてみることで、今のアルバイトが自分に合っているのかどうなのかをもう一度考え直すきっかけにもなります。それだけではなく、悩み自体も客観的にみられるようになってくるものなのです。

先ほど述べたようにシフトを減らしてもらえば、他のアルバイトをいれる時間を増やすこともできます。そうすれば、収入面で困ることもないですし、悩む時間を減らすこともできて良いですよね。

また、新しく始めたアルバイトに慣れ始めたら、更にもう一つ増やすことも可能でしょう。自分の身体が壊れない程度に、本業がおろそかにならない程度に始めてみてはいかがでしょうか。

私もずっと続けていたアルバイトを辞めたくて仕方なくなった時に、辞めた場合の収入を増やすという意味で、辞める前に他のアルバイトをまずは始めてみました。

時間に余裕があったため、二つ新しく始めて、つまりは三つ掛け持ちでアルバイトをしていた時期があります。その結果、それぞれのアルバイトのメリットとデメリットを見つけることができました。

そして、もともとしていたアルバイトに対する悩みも深く考えないようになりました。他のアルバイトを始めたことで、もともとしていたアルバイトに対して良いところをもう一度見つけなおすことができたためです。

他のアルバイトのデメリットが見えると、もともとしていたアルバイトのメリットが見えるようになりました。とにかくまずは、今の状況を変えてみることです。

状況が変われば気持ちも変わり、気持ちが変われば考え方を変えることもできますよ。

⑤自分に合ったアルバイトを続けてみる

他のアルバイトも始めてみて、いくつか試してみた結果、自分に合ったアルバイト、合わないアルバイトがわかってくるでしょう。

そうしたら、合わないアルバイトはどんどん辞めていって、自分に合ったアルバイトを続けていってみましょう。

とはいっても、何度も辞めては新しいアルバイトを始めて…というのは、体力も気力も使うためとても疲れます。できる限り早めに自分に合ったアルバイトを見つけて、そのアルバイトを中心に続けていきましょう。

例えば、今あなたが辞めたいと思っているアルバイトをAとします。そして新たにBというアルバイトを始めてみたとします。

2,3ヶ月ほど続けていった結果、Bの方が合っているとわかったら、Aを辞めましょう。その後、Bのシフトを増やしても良いですが、新たにCというアルバイトを始めてみましょう。

そして、どちらも合っていると感じれば両方続けていくと良いでしょう。

しかし例えば、また何か月か経って、CよりBの方が合っていたな、と感じれば、Cを辞めてしまいましょう。そして新たにDを始めてみても良いですし、今度こそBのシフトを増やしても良いでしょう。

アルバイトによっては、続けることによって時給が上がるアルバイトもありますし、どんな仕事でも経験を積んだ方が仕事をこなしやすくなるものです。

そのため、できる限り長く続けた方が良いわけです。もしもあなたが学生なのであれば、学生の間にしてみるアルバイトは5つまでに抑えてみましょう。

5つ以内に抑えて、その中で自分に合ったアルバイトを見つけてみてください。そして自分に合ったアルバイトを見つけたら、そのアルバイトに関してはずっと続けていきましょう。

その後は、辞めたいという理由ではなく、稼ぎたいという理由がでてきた時や、他の経験をしてみたいという理由がでてきた時だけ、掛け持ちをしてみましょう。

せっかく苦労して見つけた自分に合ったアルバイトは、なんとか続けていくことをおすすめします。自分の本業と相談しつつ、自分に合った方法で上手にアルバイトを掛け持ちしていってみてくださいね。

⑥何もせずにとにかく辞める

ここまで、5つのアドバイスをさせていただきました。しかし、これらのことをする余裕がないくらいに気持ちが落ち込んでいる場合もあるでしょう。

あなたが本当に辛くて、家から一歩も出たくないほど追い込まれていたり、そうなる一歩手前まできているのであれば、ここまでのアドバイスは忘れてください。

その場合は、何も考えなくて大丈夫です。もうアルバイトを辞めてしまいましょう。本来は直接上司に辞める旨を伝えるべきですが、それが難しければ電話でも構いません。

何かしらの理由で、声を聴くのも嫌だとか、話すことも嫌だといったような場合は、メールでも構いません。礼儀を考えた大人の行動を本来はするべきですが、最終的には自分が一番大切ですよ。

あなた自身が一番楽だと思う方法をとりましょうね。本当に辛いのに続ける必要はありませんし、自分が本当に追い込まれるほど辛いのに人のことを考える必要はありません。

自分の心に余裕がある時に、人のことを考えることができるのです。アルバイトは人生のおまけだと思って、あなたが今一番大切だと思っていることに気持ちも時間も費やしてくださいね。

まとめ

人生は楽しく過ごした者勝ちですよね。アルバイトであっても、楽しく続けていきたいものです。自分に合ったアルバイトを楽しく続けていけるように、色々な工夫をしてみましょう。

気持ちの持ち方一つでアルバイトへの取り組む姿勢も変わりますし、努力次第で楽しいアルバイトをしていくことができますよ。

是非、明るい気持ちで過ごせるように、今紹介したアドバイスを試してみてくださいね。